後追和橘歌二首

後追和橘歌二首

常世物この橘のいや照りにわご大君は今も見るごと

大君は常磐にまさむ橘の殿の橘ひた照りにして

右二首大伴宿祢家持作之

射水郡驛舘之屋柱題著歌一首

朝開き入江漕ぐなる楫の音のつばらつばらに我家し思ほゆ

右一首山上臣作 不審名 或云憶良大夫之男 但其正名未詳也

田邊福麻呂がこちらにいらっしゃってともに過ごしたこの数日間は本当に楽しいものであった。布勢の水海の遊覧、そしてそこで教えていただいた難波の宮での歌々・・・忘れがたい思い出となった。明日福麻呂殿は平城の都にお帰りになる。こんなにも楽しい日々を過ごしたのだから、これを都の人々・・・とりわけ橘諸兄殿にも是非ともお知りいただきたいと思う。ということで二十四日の宴から今日の縄麻呂殿のお宅における宴で交わされた数々の歌を簡素なものながらも歌巻にして、手土産代わりに福麻呂殿に持って帰っていただこうと考えている。

ついては、私が直接かかわることのできなかった難波の宮での歌に対して遅ればせながら「和」をなそうと思って詠んだのが、先の二首、「後に橘の歌に追和した二首」である。一見して分かるように諸兄殿のお宅での先の帝とお二人の女王様のお詠みになった三首に和したものである。これらの歌々は諸兄殿の御威光をほめたたえ、その長久をお祈りになった歌だけに、私もその意を汲んで詠んでみた。ただ、私としては諸兄殿の長久だけをお祈りするわけにはいかない。その場には先の帝もいらっしゃったわけだから、こちらの方にも意を注がねばならない。そこで、少々回りくどい詠みざまではあるが、先の帝の長久をお祈りすることを通して、諸兄殿の御威光を賛美するように詠んでみた。諸兄殿が一見してその意をくみ取れるように詠めたかどうか、少々不安でもあるが、ご聡明な諸兄殿のこと、きっと我が意をくみ取ってくださることだろうと思う。

最期の一首は私がこの春、この国を巡行した際に見つけた歌である。このような鄙の地において、かの山上憶良殿の後子孫の歌に接するとは思ってもみなかった。これまた諸兄殿におかれてはご興味の対象となることと思い最期にこの手土産としての歌巻に付け加えておいた。

難波堀江の船遊びの際の歌については、布勢の水海での歌がその「和」としてのはたらきもあろうかと思い直接「和」をなすことはしなかった。