続日本紀斜読の記・・・複産記事について(補1)

前回、続日本紀の複産に関わる記事について触れたが、一つ補足しておきたいことがある。前回の文中、「多産記事」という言葉を1カ所用いている。前回の記事の多くの部分が、新古典大系本続日本紀の補注の「続日本紀…

続日本紀斜読の記・・・複産記事について

先日もいったように、今年に入って私は続日本紀を読み続けている。そこでも言ったように本当にいいかげんな斜め読みである。けれども、この1年・・・あるいは全巻を読み終わるまで、この作業を続けてみたいと思って…

立山の 雪し消らしも

新川にひかはの郡こほりの延槻はひつき河を渡る時に作る歌一首 立山たちやまの 雪し消くらしも 延槻の 川の渡り瀬 鐙あぶみ漬かすも あの立山連峰の山々の雪も消え始めたのであろうか。延槻川の渡り瀬も雪消の…

今年の目標など一つ

飽きっぽく、何事につけてもすぐに挫折してしまうのが私の性分である。であるから、多くの人が年のはじめには心に秘めるであろう新年の抱負などと言ったものを私は考えたことがない。目の前に起きたことに、その場そ…

ちょいと同業者の勉強会へ・・・下

さて、石上神宮から次の目的地である天理図書館までは徒歩にて10分もかからない。しかしながら時は今11時30分。そろそろ腹の虫も鳴き出してきた・・・というところで、参加者全員で昼食をとる。 場所は石上神…