吉隠

吉隠(よなばり)

桜井市吉隠よなばり初瀬はせの峡谷の奥地で、同市初瀬はせと宇陀郡榛原(はいばら)との中間の山地。

猪養(いかい)の岡、猪養いかい

桜井市吉隠の地で、但馬皇女(たじまのひめみこ)の墓所のあった岡。所在不明


吉隠

雪に寄する(十二首のうちの一首)

吉隠(よなばり)の 野木に降り(おほ)ふ 白雪の  いちしろくしも 恋ひむ我かも

(10・二三三九)

   黄葉(もみちば)を詠む(四十一首のうちの二首)

我がやどの 浅茅(あさぢ)色付く 吉隠(よなばり)の 夏身(なつみ)の上に しぐれ降るらし

 (10・二二〇七)

我が(かど)の 浅茅(あさぢ)色付く 吉隠(よなばり)の (なみ)(しば)の野の 黄葉(もみち)散るらし

(10・二一九〇)

猪養の岡、猪養山 

   

 但馬(たじま)皇女(ひめみこ)の薨じて後に穂積皇子(ほづみのみこ)、冬の日雪の降るに、御墓を遙かに望み、悲傷流涕して作らす御歌一首

降る雪は あはにな降りそ 吉隠(よなばり)の ()(かひ)の岡の 寒からまくに

(2・二〇三)

   大伴(おおともの)坂上郎女(さかのうへのいらつめ)跡見(とみ)の田庄にして作る歌(二首のうち一首)

吉隠(よなばり)の ()(かひ)の山に ()す鹿の つま呼ぶ声を 聞くがともしさ

(8・一五六一)


(