巻向

巻向

奈良県桜井市穴師あなしを中心とする一帯。垂仁天皇の「纏向珠城宮」、景行天皇の 「纏向日代宮」があったと伝えられる地。三輪山北部から北東部の巻向川・痛 足(穴師)川・巻向山・弓月(ゆつき)ヶ岳など、巻向の山川をよんだ歌は、万葉集に十数首みられ、ほとんどが柿本朝臣人麻呂歌集が出典となる歌。その多くが人麻 呂の自作と考えられており、人麻呂が巻向の地に関わりの深い境遇だったと想 像される。箸墓古墳を含む纏向遺跡は、三輪山の北西麓一帯に広がる弥生時代 末期から古墳時代前期の遺跡群で、竪穴住居は少なく、掘立柱建物跡や排水施 設遺構、水路、各地から移入された土器などが検出されており、邪馬台国畿内 説の最有力候補地。

 

巻向(まきむく)

三輪みわ山の東北につづく山(高さ、576m)である。 現巻向まきむく山と纏向まきむく川の小渓を隔てた北西の穴師あなし山も含めて巻向まきむく山といったものであろう。

 

弓月ゆつきが嶽

三輪みわ山の東北に連なる、巻向まきむく山の最高峰(576m)。

(

 

巻向(まきむく)の川・穴師(あなし)

巻向まきむく川は、穴師あなし山と巻向まきむく山・三輪みわ山との間を西流して、末は初瀬はせ川に入る川。 「穴師あなし川」はその穴師あなし辺りでの称である。

 

巻向(まきむく)檜原ひばら

三輪みわ檜原ひばら」につづいて、巻向まきむく周辺にひろがっていた檜原ひばら

 

穴師(あなし)の山

桜井市穴師あなし東方の山(高さ、409m)で、竜王山の南裾の隆起部をなし、 いま、穴師あなし山といわれる。

 


巻向(まきむく)

子らが手を 巻向(まきむく)山は 常にあれど 過ぎにし人に 行き巻かめやも

(7・一二六八)

 巻向まきむくの 山辺とよみて 行く水の 水沫みなわのごとし 世の人我等は

(7・一二六九)

 右の二首、柿本朝臣人麻呂かきのもとのあそみひとまろひとまろが歌集に出づ。

 

子らが手を 巻向(まきむく)山に 春されば 木の葉しのぎて 霞たなびく

(10・一八一五)

 山を詠む(三首のうちの一首)

三諸(みもろ)の その山並に 児らが手を 巻向(まきむく)山は ()ぎの(よろ)しも

(7・一〇九三)

右の三首、柿本朝臣人麻呂かきのもとのあそみひとまろひとまろが歌集に出づ。

 

黄葉(もみち)を詠む

妹が袖 巻来(まきく)の山の 朝露に にほふ黄葉(もみち)の 散らまく惜しも

(10・二一八七)

(傍線部「巻来の山」を「巻向(まきむく)山」とする説あり)

 

あしひきの 山かも高き 巻向まきむくの 崖の小松に み雪降りくる

(10・二三一三)

柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろひとまろ)の歌集に出づ

 

 

弓月(ゆつき)が嶽

雲を詠む

痛足(あなし)川 川波立ちぬ 巻向(まきむく)の 弓月(ゆつき)が岳に  雲居(くもゐ)立てるらし

(7・一〇八七)

あしひきの 山川の瀬の 鳴るなへに 弓月(ゆつき)(たけ)に 雲立ち渡る

(7・一〇八八)

右の二首、柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろひとまろ)が歌集に出づ。

玉かぎる 夕さり来れば 猟人(さつびと)の 弓月(ゆつき)が岳に 霞たなびく

 (10・一八一六)

巻向(まきむく)の川・痛足(あなし)

雲を詠む(三首のうちの一首)

 

痛足(あなし)川 川波立ちぬ 巻向(まきむく)の  弓月(ゆつき)が岳に 雲居(くもゐ)立てるらし

(7・一〇八七)

 川を詠む(十六首のうちの二首)

巻向(まきむく)の 痛足(あなし)の川ゆ 行く水の 絶ゆることなく またかへり見む

(7・一一〇〇)

 ぬばたまの 夜さり来れば 巻向まきむくの 川音かはと高しも あらしかも

(7・一一〇一)

右の二首、柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろひとまろ)が歌集に出づ。

 

(きの)女郎(いらつめ)が怨恨の歌三首 鹿人大夫の女、名を小鹿といふ。安貴王の妻なり

世間(よのなか)の (おみな)にしあらば 我が渡る (あな)()の川を 渡りかねめや

 (4・六四三)

 

巻向(まきむく)檜原(ひばら)

 山を詠む(七首のうちの一首)

鳴る神の 音のみ聞きし 巻向(まきむく)の 檜原(ひばら)の山を 今日見つるかも

 (7・一〇九二)

巻向(まきむく)の 檜原(ひばら)に立てる 春霞 おほにし思はば なづみ来めやも

(10・一八一三)

巻向(まきむく)の 檜原(ひばら)もいまだ (くも)()ねば 小松が(うれ)ゆ (あわ)(ゆき)流る

(10・二三一四)

 

痛足あなしの山

 問答(十三組のうちの一組)

ひさかたの 雨の降る日を 我が(かど)に (みの)(かさ)着ずて ()る人や誰

(12・三一二五)

巻向(まきむく)の 痛足(あなし)の山に (くも)()つつ 雨は降れども 濡れつつそ来し

(12・三一二六)

右の二首