跡見

跡見とみ

桜井市外山とびの辺りかという。 吉隠よなばりを中心として 西は外山とびから 東は宇陀市榛原はいばら区におよぶ一帯の地とみる説、 奈良市富雄とみお辺りとみる説、 桜井市鳥見山(とりみやま)の麓の地とする説など諸説がある。

 

跡見山とみやま

跡見(とみ)」を外山(とび)とすると、 外山(とび)南方の鳥見山(とりみやま)(高さ、244m)と考えられる。

 


 跡見とみ

 

紀朝臣鹿人きのあそみかひとの、跡見とみ茂岡しげをかの松の樹の歌一首

茂岡(しげをか)に 神さび立ちて (さか)えたる 千代(ちよ)(まつ)の木の 年の知らなく

(6・九九〇)

大伴坂上郎女(おおとものさかのうへのいらつめ)跡見(とみ)の庄より、宅に留まれる女子(おみなご)大嬢(おほいらつめ)に賜ふ歌一首  并せて短歌

常世(とこよ)にと 我が行かなくに  小金門(をかなと)に もの悲しらに  思へりし 我が子の()()を ぬばたまの  夜昼といはず 思ふにし 我が身は痩せぬ 嘆くにし 袖さへ濡れぬ かくばかり もとなし恋ひば  故郷に この月ごろも ありかつましじ

(4・七二三)

朝髪の 思ひ乱れて かくばかり なねが恋ふれそ (いめ)に見えける

(4・七二四)

右の歌は、大嬢(おほいらつめ)(たてまつる)る歌に(こた)へ賜ふ。

 

(いも)(じの)(つかさ)紀朝臣鹿人(きのあそみかひと)、衛門大尉大伴宿祢(おおとものすくね)稲公(いなきみ)跡見(とみ)の庄に至りて作る歌一首

()()立てて 跡見(とみ)の岡辺の なでしこが花 ふさ手折り 我は持ちて行く 奈良人のため

(8・一五四九)

大伴坂上郎女(おおとものさかのうへのいらつめ)跡見(とみ)の田庄にして作る歌二首

(いも)が目を (はつ)()の崎の 秋萩は この月ごろは 散りこすなゆめ

(8・一五六〇)

吉隠(よなばり)の ()(かひ)の山に 伏す鹿の つま呼ぶ声を 聞くがともしさ

(8・一五六一)

 

 

跡見(とみ)

雪に寄する(十二首のうちの一首)

うかねらふ 跡見(とみ)山雪の いちしろく 恋ひば(いも)が名 人知らむかも

(10・二三四六)