高屋

高屋

舎人皇子(とねりのみこ)の御歌一首

ぬばたまの 夜霧は立ちぬ 衣手(ころもて)の 高屋(たかや)の上に たなびくまでに

(ぬば玉の)夜霧がすっかり立ちこめた。(衣手の)遠く高屋のあたりの上を覆いつくしてたなびくほどに。

(九・1706)


高屋(たかや)

所在は定かではないが、『延喜式』神名帳にある(しきの)(かみの)(こほり)高屋(たかや)安倍神社」(桜井市谷の若桜神社境内)とする考えが古くからなされている。

若桜神社
若桜神社

上の写真が、若桜神社へと上る階段である。近鉄桜井駅から南へ500mほど下った右手の小高い丘に鎮座する。高さは10mほど、上り詰めると下のような拝殿が目に入る。

若桜神社拝殿
若桜神社拝殿

拝殿の背後は高い柵に囲まれその姿を拝むことはできないが、2つの神殿が並んで配置されてある。そのうちの一方が高屋安倍神社というわけだが、実はこの高屋安倍神社は初めからこの場所にあったわけではない。

父老云昔在櫻井谷邑管内安倍松本山近移若櫻神社傍

父老云はく、昔櫻井谷邑管内安倍の松本山に在り、。近く若櫻神社の傍らに移る。

と大和志にはあり、桜井市史はこれを追認し、松本山の所在地について、 「もとは南方400mの字松本山」と述べている。この松本山は若桜神社の南400mという記述に従えば現在の桜井公園(桜井小学校の東)辺りになる。

一方、この高屋を現在の桜井市高家と推定する考えもなされている(万葉集注釈)。高家は多武峰の南西の斜面一帯を言う。

真神原北方より見た多武峰
真神原北方より見た多武峰

上の写真でいえば、中段に伸びる横雲の左3分の1の辺りが高家である。

歌中に「夜霧は立ちぬ 衣手の 高屋の上に たなびくまでに」とある以上、一定の高度がある場所が想像されるが、前者の説のによる推定場所(松本山)ではいかにも高度が乏しく、この高家のほうがその歌意にふさわしいというのだ。

また、作者舎人皇子の宮が多武峰の近くにあったことから、その高殿=高屋であるという考えも近年提出されている(万葉集釈注)。

また、作者舎人皇子の宮が多武峰の近くにあったことから、その高殿=高屋であるという考えも近年提出されている(万葉集釈注)。確かにこの歌に歌われているのは「夜霧」。である以上、この歌が遠景を歌っているとは考えにくい。自らのいる高殿=高屋を覆うほどまでに夜霧が立ち込めてきた・・・と理解するのが穏やかなようにも感じられる。