ちょいと花見など

職場が変わっても、バタバタとしている。ポストはほぼ同じ(若干新しい業務が加わったが・・・)ではあるが、年度初めはやはり忙しい。落ち着いて記事を考え、書いている余裕がない。

が、週末を迎えてやっとのこと花見でもしようか・・・なんて余裕が生じた。

例年ならば、もう一週間ほど前に散りすぎていたはずの桜は、今年は遅く・・・昨日、一昨日あたりに急速に開き始めた。

いつもでかけている、大美和展望台である。天気が悪く、葛城・金剛は見渡せないが、大和三山はくっきりと見える。

そして振り返ると三輪山。

かすかながら、咲き乱れる桜の向こうに三輪山の稜線が見える。そしてそこからちょいとカメラの向きを変える。

同じアングルで一昨年とったものがある。

確か一昨年の4月7日ぐらいのものであったかと記憶する。画面左の枝垂れの咲き具合が全然違う。今年は・・・あと4~5日は、そん満開までにかかるであろうか・・・どうにも春の訪れは、今年・・・遅いようだ。

昼からはちょいと車を走らせる。

耳成山である。桜だけではなく雪柳も実に美しい。

最後に・・・

藤原宮跡。かなり広い菜の花畑である。中央部に見える美しい三角形(ちょいと判別しづらいが)は・・・三輪山である。

もともとこの場所は桜の名所として有名であったのだが、近年、写真のように菜の花も有名になってきた。なんでも藤原宮跡を四季を通じて花で加須ろうという企画があって、春は菜の花、夏は蓮、秋にはコスモス・・・と、藤原京は一年を通じて花に飾られる。

どんな季節に来ても楽しめるようになっているので・・・みなさんも、どうぞ・・・