お散歩5/7・・・2017

連休最後の今日は朝食後のお散歩から始まる。コースはいつもの通り。

いつもの大神神社。ただし、山辺の道沿いに南からその神庭に入るが、今日は二の鳥居から、参道へと入る。上の差心を見ると、木立の中の参道にはかなり日が差し込んでいるが、以前は全く日の差し込まぬ鬱然たる木立がそびえたっていた。

もう何年前のことだろうか・・・その年の7号台風が大和の地を吹き抜け、甚大な被害を齎したが、その時にこの参道沿いの木立もかなりの被害を受け、こんなふうに日が差し込むようになってしまったのだ。まあ・・・これでもだいぶましになってきた・・・というのが実感である。

拝殿が見えてきた。承知の方も多いと思うが、大神神社には本殿、あるいは神殿が存在しない。拝殿の背後にある三輪山自体が神の負わす山であるので、拝殿を通してその神山を拝む・・・というわけである。

巳の神杉である。三輪山におわす神、大物主大神の化身であるという白蛇が棲むことからこう名付けられた。蛇の好物の卵が参拝者によってお供えされていること、薄氷堂さん周知の事柄・・・・

拝殿にお祈りを済ませてから狭井戸神社へと向かい、その後は大美和展望台から見晴るかす大和盆地の南半分。ここで私がどのようなお祈りをするのか・・・それは定かではない。