萬葉一日旅行・・・2018  その5

今回が、今年の万葉学会主催一日旅行のレポートの5回目である。この催しがあってから、もう一月以上になるが、今回で全行程の半分ということで・・・いつまでもこの企画を引っ張れない以上、少々急がねばと焦っている。

前回は束明神古墳。天武天皇の皇子、草壁皇子の御墓と見られている古墳であった。万葉集とはかかわり薄からざる人物の御墓とて、ご説明に当たったK先生のお話しにも熱がこもっていたし、聞く側だって・・・

ということで今回の目的地はキトラ古墳。東へ、東へと向かう。

再び、紀路を越える。途中、観覚寺遺跡の前を通過。ここまで・・・束明神古墳から30分というところかと思う。

観覚寺遺跡は、高取町大字観覚寺に所在する飛鳥時代の集落跡で、平成16年の高取町教育委員会の調査において、石組みのオンドルを備えた朝鮮半島系の特殊な構造の「大壁建物」と呼ばれる建物跡が出土され、7世紀前半の渡来系・・・東漢やまとのあや氏の居住地であったとの可能性が高いとされた。

オンドルを伴った建物跡は近くにある清水谷遺跡でも見ることができ、高取町のこの一帯が渡来人が集住していた地域であることを思わせる。

さてそこからさらに東へ10分(もたっていないか)。前方にいよいよキトラ古墳が見えてくる。

そして・・・もうちょっと近づいて正面からの一枚・・・

まあ、こっちが正面なのかどうか、本当のところはわからない。ご覧の通りきれいに整備されている。他の参加者の方々の中には、かなり以前からこの古墳に訪れていた方もいらっしゃって、そんな方々は口々に「こんなにきれいにされちゃって・・・昔の整備されていないときの方が、趣があってよかったなあ・・・」なんて言葉を口になさっていた。

私としては・・・それは「見る側の感覚」であろうと思う。中に葬られている方の立場に立てば、きれいに整備されていた方がいいんじゃないか・・・なんて思ったりもする。ただし、このキトラ古墳はその石室内の壁画で世に知られているため、その壁画に関わっての展示館がこの裏にある。すなわち、これもまた「見る側の感覚」であり、その立場にたっての整備になっているように思う。