遅ればせながら・・・10周年です

いやあ、ついうっかりしてしまった・・・昨日は、7月24日・・・このブログが産声を上げてまるまる8年を過ぎて9年目に入るブログ記念日(こんな名で適切かどうかは別として)であった。

と書いたは去年の7月25日であった。そして・・・今年もまたついうっかりして7月25日になってふとこの日のことを思い出した。昨日・・・2017年7月24日は、このブログが生まれて9年が過ぎ、新たに10年目を迎える・・・そんな日であった。


なんてことを書いたのも去年の7月25日。今年は・・・もう、お盆が間近に迫っている。もうどうでもいいやなんて思わないでもないが、ブログというものを書き始めてから、まる10年。昨年の記事にも

私としては来年のこの日を10周年としたい気がする(まあ、それまで続いていればの話ではあるが)。

なんてことを書いているので、7月24日という日をまったくもって無視するわけにもいかず・・・かといって、これと言って感慨らしきものは、何事につけて三日坊主の私がよくぞここまで・・・と言って程度ものしかない。仕方がないので、去年書いたことをちょいと振り返る。


ともあれ、去年のこの日はどんなことが気にかかって上に示した一文(2016年7月25日記事)に続く部分をちょいと読み返してみた。するとその前年(2015年)の7月24日の記事を引用して、こんなことが書いてあった。

振り返ってみればそんなには長くは感じない歳月ではあったが、時代は激変しこの国にはかなりきな臭い雰囲気が漂い始めている。しかもその雰囲気がきな臭いと感じない方々も増えているように見受けられる(こっちの方が問題だよね)。私のような考えの持ち主がこうやって思いを公にすることに、ひょっとしたら圧力がかかってくるような時代がそこまで来ているのかも知れない。 そんな心配が杞憂に終わってくれることを願っている。

今、周囲を見渡した時、杞憂が杞憂で済まなくなってきている・・・そんな気がしてならないのは、私だけであろうか・・・。この国の空気は確かに変わってきている。見方によれば、それは一部の権力者によって変えられているとも言えなくはないが、その一部の者に力を与えているのは、この国の空気そのものであることは否めない。「戦争が廊下の奥に立つてゐた」(渡辺白泉)なんて句が、現実味を以て感じられるようになってきた。

1段下がっている部分が一昨年の書いたものであり、「今、周囲・・・」以降の部分が去年書いたものである。だいぶきな臭いことを書いている。そして・・・今・・・確かに風向きはだいぶ変わりつつある(この後、その風がどちらに向いて吹くことになるのか判然とはしていないが)。けれども、「彼ら」によって定められた「法」は、「法」としてこの国に厳然と存在している。そして「一部の者(彼ら)に力を与えている・・・この国の空気」は、さほど変わってはいないように思う。懸念される状況は何一つ変わらない。私の感じるきな臭さと息苦しさは何一つ変わってはいない。

とはいえ、こんなことを書いていられるのだから、まだましだと思いつつ・・・少なくともこの程度の言いたいことが自由に言えるこの国であって欲しいと思う(あくまでも最低限だよ)。

はてさて・・・来年のこの日、私たちはどんな社会を見ているであろうか?


線に挟まれた部分が去年書いたものであるが、事態はますます悪化している。もう、廊下の角を曲がるたびに「戦争」がそこに立っていないか・・・ドキドキしているし、こういった内容を公(まあ、誠に狭い範囲での「公」でしかないが)にしていることが、数年先の私に何かしら不利益を被らしめる要因になったりしないか、書くべき内容を少々控えなければならないか・・・なんて考えたりする。

・・・なんとかなっていてほしいなあ、来年までには・・・

遅ればせながら・・・10周年です” への8件のフィードバック

  1.  10周年おめでとうございます。
     10年継続って並大抵のことではないと思います。

     楽しみに読ませて貰っています。

     今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    1. 源さんへ

      ありがとうございます。
      この十年、長かったような短かったような・・・「北窓三友」という名で始めたこのブログ、当初の頃描いたものはすべてどっかに言ってしまいましたが、先ほどちょいと完乗してみたら、このwordpressで運営し始めてからでも717回の更新。まあ、毎日更新している源さんには及びませんが、我ながらよくも「書いて」きたなあと感慨しきり。

      めざせ・・・1000回・・・とでもしておきましょうか・・・

  2.  遅くなりましたがおめでとうございます。十年はあっという間に過ぎてしまいます。
    どうか二十周年をめざしてお続けください。

     たしかにいやな世の中ですが、適度にお酒の力を借りながら(笑)、しぶとく生き
    てまいりましょう。

     世の中善くも悪くも時流に合せて行動するほうがはるかに気は楽ですから、自
    分でものを考えて理性的な選択をする人が多数派であることはめったにないと思
    います。自分たちで世の中を変えられるとは夢にも考えていないから、なぐられて
    も蹴られても愚痴をいわずに耐えて生きるという演歌の世界にどっぷりつかり、せ
    いぜい水戸黄門の出現を待つのが関の山。みずから苦労して獲得したわけでは
    ない、戦後タナボタ民主主義の限界だろうと思います。

     じゃあどうすればいいかといったって、すぐに妙案は思い浮かびませんが、当
    面は地道に抵抗するしかないのでは……

     三友亭さんはぼくよりプラス十周年は長く生きられると思いますので(笑)、どうか
    腐らずにご活躍ください。ぼくは成仏せずに草葉の陰から見守ることにいたしま
    しょう。

    1. 薄氷堂さんへ

      薄氷堂さんより上の世代の方でしたら、ひょっとしたら「夜明けは近い」なんて感覚を感じることがあったのかもしれないんでしょうが、私たちの世代は「夜明け」っていつ来るの?・・・というより、夜明けって「何?」と思いながら今日まで生きてきましたが、最近は「夜明け」ってこれか・・・なんて具体像が思い描けるように名手参りました。

      それは・・・彼が首相でないこの国。

      まことに消極的ではあるんですが、せめてそのぐらいの夜明けが来ないかと・・・いまも「トリス」を一杯やっております。

  3. う~~ん。ちゅうことは、僕のブログも十年か。全然意識していなかった。
    十年続けると、今更、やめられませんなあ。

    1. 根岸さんへ

      >僕のブログも十年か。

      そうですよねえ。根岸さんの方が若干先輩に当たるわけですが、よくもまあ10年・・・てな感じです。
      これから先、どんな感じで続けてゆくのやら・・・よろしくおつきあいのほどを・・・

  4. 10周年おめでとうございます。
    長いような短いような10年だったのではないでしょうか。

    Facebookやインスタが全盛ですが、ブログにはブログの良さがありますね。
    これからもよろしくお願いします。

    1. ちびたさんへ

      ありがとうございます。

      最近は更新のペースもめっきり・・・って感じですが、なんとか細々とやっています。
      Twitterやフェイスブックにも手を染めてはいるんですが、やっぱりブログですね・・・わたしも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください