葛城古道へ 鴨山口神社

祟道神社を後にさらに西へ向かう。 道はまだ上りだ。 やや太く,、車通りの多い道に出る。 これが葛城古道であるはずがない。 香芝市から葛城市、御所市を抜け五條市へと大和盆地南西部の山並みの麓を抜ける山麓…

おんぱらぱら・・・・(御祓)

この写真のものはいったい・・・・ そう、人形・・・「ひとがた」である。 遠きいにしえ、呪詛のために用いられていた具である。 この人形を己の憎む相手に見立て、その念を吹き込み・・・ ああ、おそろしや・・…

大神神社  茅の輪

昨日は大神神社の衣掛杉と釈迢空の歌碑を紹介した。 ちょっと脇道に逸れてしまったので、今日は真面目に拝殿の前に立ちたいと思う。   そう長くはない石段を上る。   ・・・すると・・・…

大神神社 衣掛杉と歌碑

2日続けて石上神宮での寄り道の報告をした。 この石上神宮が山辺の道の北の果てなら、反対側の果てに控えているのは、大神神社だ。 この前の日曜の朝もちょいと歩いてきた。 いつもなら参道を通って この石段を…

続 石上神宮へ行った

鎌倉時代建立の檜皮葺入母屋造の拝殿に祈りを捧げた後、振り向いた私は同じく鎌倉時代後期建立の楼門をくぐり、そして見上げてみた。 拝殿は国宝、そしてこの楼門は重要文化財である。 もうちょっと遠くから見てみ…