卒業論文を書いていたころ  (その3)

その翌日から私は、朝9時から夕6時までのほとんどの時間を天理図書館で過ごすことになった。 ・・・と、前回は結んだ。そしてそれから、ほんの1~2か月、大学の最終年度を迎えた私はある特権を手にした。わが母校の学生は4年生にな […]

続きを読む


卒業論文を書いていたころ  (その2)

・・・それは、大学の3年生(関西の場合3回生ということが多い)の正月を迎えようという頃、私が人並みに卒業論文というものを意識し始めた頃であった。むろん、卒業論文というものを書かなければならないということは、それこそ大学に […]

続きを読む


卒業論文を書いていたころ  (はじめに、及びその1)

先日、「『誤字』ということ」なんて文章を書いたので、ちょいと卒業論文というものを書いていたころのことを思い出した。もう、40年近くも前のことだから、その記憶は定かではないが自分が曲がりなりにも学問というものの一端を垣間見 […]

続きを読む


韮の花が咲いたよ

先日、玉村の源さんのブログ「まほろぐ」において韮の花が写真にて紹介されていた。そこで思い出したのが我が家の裏庭の一群れの韮。「そうか・・・もうそんな季節なんだな」と思い出しさっそく見に行った(「見に行った」というほど広い […]

続きを読む


東大寺に行く。

先週、久しぶりに東大寺に行った。東大寺本坊の大広間にて行われる催しごとに家人が参加するというので一緒に行ってみた。日頃、我々のようなものは足を踏み入れることが滅多にかなわぬ本坊ゆえ、興味津々で出かけた。 催しごとは昼から […]

続きを読む